事故その後①保険屋と連絡

我々がまずしたことは、保険を申し込む時にお世話になった日本人仲介屋さんへ連絡。
すると、警察と同じ様に「2日以内に相手の保険会社Hanoverから連絡が来るはず」との事。

しかし、何日経っても連絡は来ず…
その為再度、仲介さんに連絡。
私の保険会社Kemperに連絡を取ってくれるというので手続き。
指示通りポリスレポートに記入をしてPDFファイルで送信。
「2日以内にKemperから連絡が来るはず」

2時間後、Kemperから連絡が‼‼早い‼‼
「車の現状を見て見積もりを出したいからその日の夕方に人をよこす」という。
待てど暮らせどいらっしゃらない…
と、思ったら…勝手に見て帰っていった模様。

さらに「見積もり出たから、手続きを進めて行くね♪」というメール。

ちょっと待った‼‼‼‼‼‼
ここで一旦ストップをかける。

これってKemperが払ってくれるって事?
しかし、同僚からは絶対に相手のHanoverに払わせるべきとアドバイス。
自分の保険を使うと次回保険料が上がったり、次に何かあった時に保険が降りない可能性が出てくる。
実際彼の姉が貰い事故をした時、自分の保険を使ってしまったら「事故歴」として残り、次年度の契約を断られたとか。

そんな訳で、Kemper側にその旨を確認。
既にHanoverに連絡を取っていた様で、担当者やクレームナンバー(ひとつの事故に対して割り当てられる番号)を教えてくれた。
ただ見積もりは出ており、小切手も郵送済みだそう。
Hanoverに支払わせ、Kemperの小切手が必要なければVOIDにして送り返してくれとの事だった。

ここまでのKemperの対応はとても速い。
(ただ…当事者の立ち合いをさせずに見積もりを取るという手段は、修理費を安くする為らしい…。
他の方のブログを読むと、勝手に見積もられて後々「そんな破損部分無かった」と言われたとか…)



さて、Hanover側の情報を手に入れた僕らは早速連絡を取ってみる。
が。
いつ電話をかけても留守電モード…
名前、電話番号、クレームナンバーを留守電に残し待つと翌日に折り返し電話。

警察が言っていた通り、3か所の修理工場を案内される。
同時に担当者のメールアドレス、FAX番号もゲット。
見積もりが出たら、再度連絡を取る事を約束。


時系列で行くと…

当日:仲介屋さんに電話「相手からの連絡を待て」
2日目:待つ
3日目:待つ
4日目:待つけど土曜日
5日目:日曜だから待つ意味もない
6日目:再度仲介屋さんに連絡「Kemperに連絡を取るからポリスレポートを送れ」
7日目:Kemperから連絡 勝手に見積もられる
8日目:Hanoverに留守電を残す
9日目:Hanoverから電話が来る

今思うとね…仲介屋さんにも、Kemperにも連絡しなくて良かったかな…
Hanoverから連絡が来ない時点で、直接電話した方が何倍も早かったと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック