タイヤの空気を入れる

この冬ずっと光っていた「空気圧お知らせランプ」(写真撮り忘れたーーーーー)

先日AAAに行った時やってくれるだろうと思っていたら…やるはずもなく…

仕方ないのでバイマイセルフ‼‼‼‼‼

あ、でも旦那もやり方知っておいた方がいいよね~~~と優しさ。と言う名の強制連行。





まずは、晴れた日にガソリンスタンドに行きましょう☆

画像


こんな機械の前に車を駐車。
だいたいスタンドの端の方にあるようです。

運転席を降りる時、理想的な空気圧の量をチェック。
これはドアを開けた時、側面にシールで貼られています。
我が家のは33が理想。

タイヤの空気キャップを外します。
ちなみにこのキャップは外れていても空気が抜けていく事は無いのでご安心を。

画像



私たちが使ったのは空気口にさしこむと勝手に電源も入るタイプ。
モノによっては店員にボタンを押して貰って2分限定とかあるらしいので、ご注意を。

画像


稼働すると勝手にピョコっと出てくる、棒。
これに数値が書いてあります。

31だったり、30だったり、20だったり!?????
タイヤによって大分バラつきがありました…

持ち手にレバーがついていて、それを押すと空気注入。
とりあえず多めに入れ、後から持ち手横の丸いボタンを押すと空気が抜けていく。
これらを繰り返して、基準値にします。

最初は数値の棒が80とかまでなったり、すぐに20になったり、良く分からず……
タイヤ3つ目くらいでコツを掴んできました。旦那が。

あ?結局私一か所もやってないし。笑
でもやり方さえ分かれば女性でも問題なく出来ます。
むしろパパっとやってたら、カッコいい☆

ちなみにこの空気圧ランプを無視して走っていると…
・ハンドルが安定しない
・パンク
・燃費悪化
に繋がるので、要注意‼‼

焦る程ではありませんが、点灯したらなるべく早く空気入れに行きましょう♪
修理工場やコスコでは無料でやってくれるそうですが我が家の近くにはないので…

次回は一人でチャレンジするぞっ‼‼‼‼‼

(ちなみに今までは3カ月毎オイルチェンジ時にガリバーさんが勝手にやってくれてた。ガリバーよりAAAの方が安いから行かなくなった。笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック